コーヒー豆は豆のまま保存する方が良い?

コーヒー豆は粉にせず、豆の状態の方が保存に適しているのは、単純に
表面積の問題です。豆の状態と粉では数百倍も表面積が違いますので、
それだけ粉の方が酸化が早く進み、味が落ちてしまいます。

それだけではなく、粉の状態ではアロマを作っている重要な揮発成分が
どんどんなくなってしまいます。

やはり、前日挽いた豆と飲む前に挽いたコーヒーでは香りが格段に違い
ますから、一番良いのは飲む直前に、自分で豆を挽いて飲むのが良いと
思います。

ミルについて少し付け加えさせて頂ければ、ミルは手動と電動があり、
更に豆をカットしながら挽く「カット歯式」と臼歯で豆をすり潰す「臼
歯」があります。どちらでも好きなほうを選ぶのが良いとは思いますが
「摩擦熱を抑えること」が重要です。

しかし、各家庭にミルがあるとは限りませんので、粉を挽いてもらった
場合でも、コーヒーの袋をクリップなどでしっかりと留めてから、さら
にキャニスター(保存用のふた付きの瓶)などに入れ、冷蔵庫に保管す
れば、1~2週間は美味しく飲めます。

それよりも長く保存したいというのならば、ジップロックなどの密閉容
器を使い、空気を抜いて冷凍庫に入れ、使う分をその都度常温に戻して
飲むのが最適でしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る