コーヒーに酸味を感じる前に知っておきたい事

コーヒーを飲んだ際酸味を感じた事はあるでしょうか。同じ豆を同じ方
法で抽出しても酸っぱくなってしまう事は、コーヒーが好きな人ならば
誰でも一度は経験したことがあるでしょう。

これは、コーヒー豆が酸化してしまっているからです。酸化してしまっ
たコーヒーは飲んだ後に口の中が嫌な感じで、胃がもたれるような気に
なってしまい、コーヒーがただ苦いだけの飲み物になってしまいます。

コーヒー豆は焙煎したその日から酸化が始まります。特に焙煎後2週間
以上過ぎると酸味が出てきます。一度酸敗してしまうとその後ずっと嫌
な酸味を出し続ける事となるのです。

酸化の度合いは時間経過だけでなく保存状態でも大きく変わってきます。
たとえば直射日光の当たる場所に放置したり、異常に温度の高いところ
に保管してしまうと、酸化はより促進されてしまいます。

焙煎後2週間以内のコーヒー豆でコーヒーを煎れたとしても酸味を感じ
る事があります。これは、抽出の時お湯の温度が低かった事が考えられ
ます。75℃以下のお湯で抽出すると酸味が目立って感じられるためで
す。

おいしいコーヒーを飲むために一番大事な事は、新鮮なコーヒー豆を使
用する事。新鮮なコーヒー豆を入手するためには、購入するときはなる
べく繁盛しているお店(在庫回転率が良い)で購入すると良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る