焙煎されたコーヒーの新鮮さの見分け方

焙煎したコーヒー豆の鮮度は見た目ではわかりません。

ですから、コーヒー豆を購入する店にいつ焙煎したのかを確認出来る店
に行ったり、人気の豆を選ぶといいかもしれません。人気の豆は常に補
充されるでしょうから、古いものである可能性は低いもの。

あとは、大きく膨らんでシワが伸び、粒が均一であるものも良い豆と言
えるでしょう。

しかし、最後は一度淹れて飲んでみるのが一番。

例えば、フィルターでコーヒーを淹れた場合、粉にお湯を注ぐと、粉の
表面がふくらみ、綺麗なお饅頭のような形になり、二度目の注湯では細
かい粒の泡が出ます。

そのような状態でコーヒーを淹れることが出来たら、そのコーヒー豆は
新鮮であると言えます。

逆に、お湯を注いでもそのままお湯が素通りし、泡が不揃いなものであ
れば、それは新鮮ではないといえます。しかし、これらは古い物とも限
りません。焙煎が極端に浅いものと深いものにも見られることがあるか
らです。

賞味期限は焙煎してから、約2週間です。

それを過ぎると、味も香りも抜けてしまい、それからは劣化の一途を辿
ることになります。言うなら、その状態を腐ると表現するのかもしれま
せん。しかし、そうなったからと言って、賞味期限切れの食品のように
食中毒などになるようなことはありませんから、ご安心ください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る