良いコーヒー豆を買うための注意と見分け方

良いコーヒー豆を買うための注意と見分け方にはポイントが2つありま
す。

まず、コーヒー豆が新鮮であるということがあげられます。

生豆を紙袋にいれ、ビニールで包むと、乾燥や高温、湿気も防げ、更に
温度差がないところで保てば、確かに一年は劣化せずに保てます。しか
し、そうしたとしても一年以上経過すれば質は劣化していきます。

そして、それから焙煎となると、買ってすぐに焙煎するよりもどうして
も難しくなってきてしまうかもしれません。

もし、そのコーヒー豆が焙煎してあるものであるならば、尚更、質の劣
化が進んでしまいます。なぜかと言えば、生豆に含まれている油脂分が
焙煎するときに酸化してしまうから。

そして、時間経過によって、更には酸敗し、牛乳が腐ったような酸っぱ
い臭いを発生させます。きちんと焙煎され、きちんと保管された物でも、
2~3週間で酸敗し劣化していきます。

ですから、コーヒー豆は新鮮なものが良いかもしれません。

そして、もう一つ。

虫に食われた豆や、発酵してしまった豆、未成熟な欠点豆や異物が取り
除かれていることが大切。

欠点豆を焙煎前に除去する「人が手作業で行うハンドピック」や「選別
機による選別」が行われておらず、焙煎で「芯残り」をしてしまうと、
コーヒーの味や香りも落ちてしまいます。

ですから、ご自分の目で、豆の状態をよく見て、色、粒のサイズが揃っ
ているなど良いものを選ぶといいかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る