コーヒー豆の袋の小さな穴にはちゃんとした理由が・・・

コーヒー豆を購入すると、袋に小さな穴があいている場合があります。

これはコーヒー豆が焙煎中からかなりの炭酸ガスを出し、焙煎後も2~
3日は炭酸ガスが発生し続けるから。ですから、穴が開いておらず、密
封されていると、袋が膨らみ破裂し、コーヒー豆が散乱することもあり
ます。

更に、この炭酸ガスは焙煎した豆と一緒しておいても、味に影響があり
ます。

勿論、自然に炭酸ガスを抜けさせるのが一番良いですが、破裂を防ぐた
めの真空パックのものは、最初に炭酸ガスを抜いてから袋詰めをしてい
ます。ですから、香りやコクが減っていることもあるでしょう。

有名なバッハコーヒーでは、内袋にピンホールを開け、それをもう一度
袋詰めをし密封するという二重の袋詰めを実施しています。

また、アルマパックという酸素が入ることを防止した特殊な丸型のアロ
マフィンバルブが付いた包装もあります。しかし、アロマパックは、ガ
スは耐圧以上になった時に抜けますが、酸素が残り、酸化が進んでしま
う上に、香りも一緒に抜けていってしまうという欠点もあります。

コーヒー専用の鮮度保持剤という脱酸素剤を入れるとパックの膨張を防
げます。これによって品質劣化とパックの膨張は防げるとは思いますが、
やはり早めに使い切ることが、コーヒーにとっては一番良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る