コーヒー豆の色に濃淡があるのは何故なの?

コーヒー豆の色の濃淡は、焙煎度合いの違いによって発生します。

コーヒー豆は生豆の状態では、緑色をしており、焙煎すると色が変わっ
ていくのです。最初は色が抜けて白っぽくなり、明るいベージュ、茶色、
こげ茶色、黒へと変化していきます。

豆によって、焙煎度合いが異なるため、適した色のサンプルを手に持っ
て、色を合わせながら焙煎していきます。

この焙煎度合いによって、コーヒーの味は決まります。つまり、コーヒ
ー豆の色によって味が異なるのです。

焙煎度合いは、浅煎り、中煎り、中深煎り、深煎りの4段階にアメリカ
式の8段階の呼称があります。

・浅煎り(ライト、シナモン)=明るいベージュ

・中煎り(ミディアム、ハイ)=茶色

・中深煎り(シティ、フルシティ)=こげ茶

・深煎り(フレンチ、イタリアン)=黒

という色になっていきます。

コーヒー豆に熱を加えれば豆の色は変わっていきますが、ただ熱を加え
るだけでは香り、旨味、コクを最大限に引き出すことはできません。

豆の性格に応じて、火力や排気を調整し、香りや色艶によっていつ取出
すかという焙煎技術が重要になります。

このため、一概にコーヒー豆の色を見ただけで、おいしいコーヒーか判
断することはできませんが、一般的には、コーヒー豆の色が薄い方が酸
味が出てきて、コーヒー豆の色が濃い方が苦味が出てきます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る