ピーベリーって何?ピーベリーの特徴とは?

ピーベリーとは、いわゆる奇形の豆で、コーヒーの一つの赤い実の中に
一つの種子しかいない単実のコーヒー豆のことです。日本では、丸豆と
呼ばれています。日本ではなかなか手に入らず、海外では高級品として
販売されています。

普通のコーヒー豆は赤い実の中に半球形の2個の豆が、平らな面を向い
合せで入っていますが、ピーベリーは単実のため、コロコロと丸い形を
しています。同じように奇形の豆でも、一つの実の中に3個、4個、8
個の豆が入っているのが、多実コーヒーで「ポリスペルマ」と呼ばれて
います。これは、ミカンの房のような形をしています。形に影響される
わけではないと思いますが、ポリスペルマは三角形のように尖った味が
します。

ピーベリーは様々な条件が重なったときにできます。様々な条件とは、
異常交配、その年の降雨量、日照状況、実のなる位置などが考えられて
います。

生産国によっては、「ピーベリー」として独立した取引をしているとこ
ろもあります。「ジャマイカ・ハイマウンテン・ピーベリー」などは、
味もよく珍品として扱われているのが有名です。

丸い形で比較的小粒のため、火の通りがよく、満遍なく煎れるため、肉
厚の大粒コーヒー豆より、焙煎しやすいのも特徴です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る