生豆の保存期間と保存方法について

生豆の保存期間は梅雨から夏季の湿度が高い時期を除けば、それほど気
にすることはありません。

適切な保存期間というのは、生豆の変化により味が低下しない期間にな
ります。焙煎の調整で味の安定が保てる期間が保存期間となります。正
しい保存期間を設けるには、味の変化を判断できる味覚を持つことが重
要になるのです。

以上のことから、生豆の保管期間は、保存方法や焙煎技術によって大き
く異なると言えます。適切な保存方法で保存し、高度な焙煎技術を持ち
合わせれば、長期間の保存が可能となるのです。

生豆の保存方法はとても重要です。生豆は高温多湿が苦手のため、保管
倉庫は風通しがよく、常温を維持できる場所がいいでしょう。直射日光
が当たるところを避けるのはもちろんですが、高温多湿になりやすい保
管場所の場合は、換気装置を導入しましょう。麻袋のまま積み上げると
きは、下にスノコを敷き、風通しをよくしましょう。

特に、夏はカビが生えてしまうこともありますので、いつも以上の注意
が必要です。

家庭で保存する場合も、高温多湿は避けましょう。1~2か月であれば、
瓶や缶で保管できます。生豆の青臭さが気になる方は、専用容器で保管
すると臭いが漏れません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る