生豆の買い方と大量に仕入れたい場合の方法

生産国で生成された生豆は、60~70kg単位で麻袋に詰められ、
一度の取引で100~200袋が船で輸送されます。船での輸送が可
能なのは、生豆が種子を乾燥させただけの状態のためです。コーヒー
が貿易の重要産物になった当初から変わらず、今でも1カ月半~2カ月
かけてブラジルから船で輸送されています。

コーヒー豆の取引が国際取引の指標として利用されているのはご存知で
しょうか?コーヒー豆の価格は、主にニューヨークまたはロンドンの国
際市場で決まります。コーヒーは日本の小豆相場と同じで先物取引が行
われていますが、これは最終的に需給関係で相場が落ち着くため。

日本では生豆の輸入は、総合商社(三井、三菱、丸紅など)が行い、生
産問屋が仕入れ、焙煎業者に卸します。焙煎業者は焙煎加工したコーヒ
ー豆を豆販売店、喫茶店などに販売します。

どの段階でも生豆は購入可能ですが、取扱量の単位が違うので注意が必
要です。商社は一種類の生豆につきトン単位の取引、問屋は何十~何百
袋単位、焙煎業者は規模により異なりますが、500gから分けてくれ
るところもあります。

当然、取引量が少ないほど単価は高くなりますので、必要な種類と生豆
の量により、仕入先を選定するといいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る