コーヒー豆にもサイズってあるんですか?また、混ざっていると違いがありますか?

色々な作物で、サイズによる分類があるように、コーヒーにも分類があ
ります。しかし日本で良く見かける果物などのように、綺麗にサイズが
揃っているというわけではありません。

分類方法は、中心の基準があり、その上下どちらのサイズも一定量存在
するという、偏差値の分布のようなばらつきをイメージすると分かりや
すいでしょう。中心あたりは数が多く、端の最大最低のあたりは数が少
なくなります。

ところで豆のサイズは大きい物小さい物、どちらが良いのでしょうか?

他の作物と同様、コーヒーも大きい物が高級とされています。これは単
に数が少ないからというだけではなく、味による違いもあってのことで
す。種子である豆が大きく成長するということは、実自体も大きいとい
うことであり、豆の味もそれだけ芳醇になります。

コーヒーの生産地ではこの大きいサイズは最高級品として分けますが、
そのほかのサイズに関しては、それほど厳しく分けていません。

中心の基準のサイズが60%なら、それを上回るサイズが20%、下回
るサイズが20%などというように、バラつきがあります。

そのため、基準サイズを元にして全てを焙煎してしまうと、60%は良
くても、違うサイズの40%分は焙煎しすぎたり、足りなかったりとい
うことにもなるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る