コーヒー専門店で売っている豆と、生豆の違いは?

近年ではコーヒーの木をカフェで見かけたり、宣伝などで赤い実がたく
さん成った木を見ることもあると思います。コーヒーの実は赤いですが、
豆はその中にある種です。

豆自体の色は、種類や水分量などによって異なりますが、大半が濃いめ
のグリーン。この状態でコーヒーのように淹れても、全くあの風味がな
い上に、味自体がほぼありません。

コーヒー専門店で見かけるのは、豆を乾燥機にかけたり自然乾燥をした
後、皮を脱穀し、それを焙煎した焦げ茶色の物がほとんどだと思います。

コーヒーにも脱穀が必要と聞くと不思議な感じがしますが、豆の周りは
内果皮と銀皮で覆われています。この皮を取り除いた状態が、コーヒー
専門店が仕入れる生豆と呼ばれる物になります。

まとめると、焙煎にかける前の状態の豆を生豆と認識すれば間違いない
ようです。コーヒー豆の精製方法としては、水を利用する水洗式、日光
を利用する乾燥式などがあります。一般的には、水洗式で機械を用いて、
大量に処理することが多いようです。

実際に私たちがコーヒーとして口にするまで、栽培から収穫、そして加
工など、たくさんの工程が必要だということが良く分かります。だから
こそ、コーヒーは嗜好品と言えるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る