ブレンドの名前にはルールがある!?

物を買う時、商品名は消費者にとって大事な判断材料になります。です
から、買う人に誤解を与えるような商品名は大きな問題となります。

商品を区別するための文字、図形、記号、色彩などを組み合わせたもの
を独占的に使用できる権利を「商標権」と言います。商標権の使用期間
は10年で、特許庁に申請・登録します。また更新もできます。

まず商品名を付ける時は、他人の商標権を侵害してないか調べる必要が
あります。そして「レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの表
示に関する公正競争規約」に沿った表示が必要です。

ブレンド名に生豆の産地名を出したい場合には、その産地のコーヒーが
生豆換算で30%以上入ってなければなりません。ですから例えばケニ
アを「ケニアブレンド」として商品名にするためには、ケニア産の生豆
が30%以上入っていなければなりません。

しかしケニアの比率が一番多い必要はありませんし、焙煎豆の重量の比
率で30%を下回っても問題ありません。

またブルーマウンテンやキリマンジャロなど特定の銘柄については、全
日本コーヒー公正取引協議会の定義に沿った原材料を使うことが求めら
れますから、特に注意が必要です。

特定銘柄とは農園の栽培・土壌・収穫・精製方法から輸送まで信用でき
る品質を保っていることが基準になります。たとえばブルーマウンテン
なら、ジャマイカのブルーマウンテン地区で生産したものに限られてい
ます。キリマンジャロはタンザニア産のアラビカコーヒーで、一部地区
の豆は除きます。キリマンジャロとは栽培地区の山の名前。

炭焼きモカブレンドのように、焙煎時の熱源名を商品名に使う場合は、
他の熱源を一切使用せずに焙煎されなければなりません。これは炭火の
みで焙煎したモカ(エチオピアまたはイエメン)を30%以上(生豆換
算)と他の産地の炭焼きコーヒーとで構成されている必要があります。

またたとえば大豆やタンポポなど、コーヒー豆以外を材料としたものを
商品名にコーヒーと表示することや、「最高級」など客観的根拠にもと
づかない表示は不当表示に該当します。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る