ブレンドの目的は新しい味の発見!?

コーヒーの風味は豆が生産された国や、焙煎によって変わっていきます
その風味の違いをストレートに味わうのもいいでしょう。ですが風味の
異なる豆を組み合わせて新しい味を創りだすことも、コーヒーの醍醐味
の一つ。

例えばプロのブレンダーは焙煎の独自性のため、あるいは複雑な風味を
創りたい、コストパフォーマンスを上げるなど様々なブレンドの理由が
あると言います。

プロのブレンドづくりは、コンセプトや顧客のニーズに十分配慮された
もの。例えば味を安定させるには、収穫期の異なる産地のものを配合し
たり、収穫量の安定しているコロンビアなどをベースにしたり、あるい
は収穫後時間が経って味の変化が少なくなった豆を配合したり。

またスーパーなど量販店向けのブレンドは、割安感のあるコーヒー豆を
選んでコストパフォーマンスを上げることが必要になります。対面販売
は見栄えも大事なので大粒の豆を揃えたりすることも。

つまりプロには産地や品質・価格などの生豆の知識、味など焙煎豆に関
する知識、市場に関する知識などが必要。他には粉砕・包装・保存の知
識、さらに食品衛生法やJAS法・計量法・景品表示法など表示に関わ
る知識も必要です。

家庭でのブレンドの場合は、味がブレンドの目的になることが多いでし
ょう。数種類の焙煎豆があれば、自由に組み合わせて自分だけのブレン
を作ることができます。

自分だけのブレンドを作る場合、まずはコーヒーの味をイメージして決
めます。たとえば苦味がきいた味、あっさりした味、ケーキに合わせた
い味、朝食に合わせたい味など様々。またブラックで美味しい、カフェ
オレが美味しいなどとイメージするのも良いでしょう。

味の次はコーヒー豆を選びます。豆は産地ごとにや個性があり、焙煎の
違いでも味が違います。まずはそれぞれのコーヒーの味を自分の中に記
憶することが必要。

ブレンドのベースには個性よりも多く流通し、味が安定したものが相応
しいでしょう。香りや味のアクセントは、香りや酸味、コクが特徴的な
豆を選びます。

また慣れるまでは、何種類も混ぜずにコーヒー豆の個性を理解してから
ブレンドするといいでしょう。使用するコーヒー豆は2~4種類ほどに
し、配合は5:5や5:3:2など色々と試してみるといいでしょう。

ブレンドの奥深さは極めれば膨大な知識や経験が必要ですが、2種類合
わせるだけでも風味は複雑かつ立体的になります。あまり難しく考えず
まずは2種類から、単品では味わえないコーヒーの魅力を感じてみては
いかがでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る