たまに見聞きするニュークロップやオールドクロップとは?

たまにコーヒーの用語として見聞きする、ニュークロップやオールドク
ロップとはどういった物なのでしょうか?今回はそのニュークロップや
オールドクロップについて記事を書こうと思います。

ニュークロップやオールドクロップという言葉を皆さんも聞いた事はあ
りますでしょうか?少しコーヒーを知っている方であれば、ニュークロ
ップという言葉を聞いた事があると思います。

ニュークロップというものは、収穫年度内の生豆の事を一般的にそう呼
びます。一方、オールドクロップというのは、ニュークロップを保管さ
せた物の事。

オールドクロップの保管には温度や湿度の管理も必要になります。一般
的には数年間~数十年間寝かせる事が多いようです。豆を寝かせるとい
うのは聞き慣れないかもしれません。これは別名エージングともいいま
す。

生豆に含まれる成分というのは時間の経過と共に変化します。培煎する
場合、豆の色は全体的に褐色しますが、長期間寝かせた生豆も褐色に変
化を遂げます。

寝かせるのは実は日本だけでなくて海外でも共通の項目です。でも豆を
寝かせる事に何の意味があるの?ワインならともかく・・・。と思うか
もしれません。

実は豆も寝かせる事で味わいがマイルドになる傾向があるのです。この
辺はワインにも似てますね。ただし、専門家などの間では、寝かせると
味に深みや奥行きがなくなるという人もいます。

ですので、こういった専門家の意見を聞き入れるならば、オールドクロ
ップのように長時間、寝かせるのに向いてるのは味が濃すぎで癖のある
ような生豆が向いてると思います。

オールドクロップは市販のコーヒーと比べてマイルドなコクを感じられ
たり、時間が経過しても不快な香りがしない傾向も若干あるように感じ
ます。これはオールドクロップ特有の長所でもあるところ。

ニュークロップは新鮮な感じでハッキリした印象があります。ニューク
ロップやオールドクロップは、たまに議論の対象になりますが、どちら
が優れてるという事はありません。

人それぞれに感性が異なり、違う服のデザインに惹かれるように、ある
人にとって不要な物でも、別の人にとっては大金を払ってでも欲しい物
があるように、味も完全に個人の好みの問題と言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る