生豆のつやのあり、なしは味に影響するのでしょうか?

今回は、生豆のつやのあり、なしで味に影響するのか?という、たまに
通の間で議論になる事についての記事を書こうと思います。

一般的に生豆には表面がつやのあるタイプと、つやがないタイプがあり
ます。つやというのは主に生豆の表面のワックス層によって作られます。

また産地などによってもつやの有無は大きく変わってきます。生産工程
によっても影響され、研磨機能のついた脱穀機を使用した場合、一般的
にはつややかな仕上がりになると言われています。

このように様々な要因がつやには関係します。研磨をしすぎると豆の表
面のワックス層がなくなる傾向が強く、生豆のつやが仮にない場合、培
煎後もくすみがあり、つややかさに欠けます。

このつやの有無が原因でクレームなどになる事もしばしばあるようです
が、実際に味への影響は、ほとんどないと言われています。ですから、
つやの有無はあまり気にしなくてよいと思います。

でも実際には多くの日本人の気質として気分的につやのあるほうが、品
があり綺麗で、高級感を感じるという心理も影響している気がします。
あらゆる商品で、つやを付ける事で高級感を演出しています。

生豆、培煎豆、どちらを販売する場合も店頭などで直接販売する場合、
日本人は特に梱包から外観までも大切にする人が多いので、つやのない
豆はクレームの元になり販売しにくいかもしれませんね。

海外ではそれほど気にしないと思いますが。良くも悪くも細部まで気に
するのが日本人の性質だと感じています。もちろん味への影響がほとん
どない事が分かれば、値段が手頃であれば購入したい人も多いでしょう。

もし仮に私的な意見ではありますが『アウトレット』『わけあり』など
と表記して販売すれば、価格が手頃であれば、よく売れるのかもしれま
せん。

そう考えると粉での販売の場合は、ツヤなどの外観を気にしなくていい
ため、クレームなども考えると、販売する側にとっては気が楽であるこ
とは間違いありません。

関連記事

ページ上部へ戻る