青みがあり水分が多い生豆は鮮度がいいのでしょうか?

青みがあり水分が多い生豆は鮮度がいいのか?このタイトルの通り、
コーヒー豆に含まれる水分についてはいろいろな一般の方、専門家
の意見も含めて、過去から現在まで様々な噂、議論が飛び交ってい
ます。

今回はそんなテーマについての記事を深く掘り下げて書いていこう
と思います。一般的に言われている多くの意見も含まれますが是非、
お付き合い下さい。

まず水分が多いと新鮮であるか?という部分ですが、この部分に関
しては、もしも仮に生豆の水分が、ただ減っていくだけならば水分
が多いというのは新鮮と言えるかもしれません。

ただ実際は水分は減るだけでなく増える事も多いのです。そう考え
ると一概にはそう言い切れません。想像していただきたいのですが、
もし保管時でも梅雨の時期である6月などは保管していても水分が
増え、逆に乾いた季節は水分が減少する事が予測できると思います。

そうなのです。豆は水分が増えるだけでなく減る事もあるのです。
この事からも水分が多いと新鮮であるとは考えにくいもの。

また予備知識ですが、豆は生産地によっても含まれる水分が変わる
という事も覚えておくと良いでしょう。実際に計測するのは相当の
通な人や業界の人間だけになる事も多く、一般には知らない人も多
いのですが・・・。

続いてですが、水分が多いほど生豆の青みが濃いのか?という部分
について考えたいと思います。これもよく議論になりますが、実際
この部分については一般的には専門的すぎて追求、検証しにくい難
しいテーマです。

豆は産地によって大きく変化します。例えばアフリカ産のコーヒー
豆は水分が10%以下の豆でも全体の色が青っぽいものも多々あり
ますが、中米などのコーヒーは豆の水分が12%以上無いと、青っ
ぽさが少ないという特徴もあるのです。

こういった事も視野に入れて考えた場合、判断は非常に難しく、青
みが強いと必ずしも新鮮というわけではありません。水分自体はコ
ーヒーの味に深く影響するわけでなく、豆の色も味に大きな変化が
起きるというわけではありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る