薄い味でお馴染みのアメリカンコーヒーが生まれた理由

アメリカンコーヒーといえば、浅煎りのコーヒー豆を薄めに淹れ、大き
なカップで飲むのが定番です。薄い分、従来のコーヒーよりも、ゴクゴ
ク飲めるのが特徴。ではどうして薄いコーヒーを飲むようになったのか、
これには歴史や土地柄に根付いた理由があったのです。

元々、アメリカではコーヒーではなく、紅茶が主流でした。イギリスの
の植民地時代のことです。ですが、イギリスによる植民地政策や重税に
怒りを募らせた民衆が、入港したイギリス船に乗り込み、東インド会社
の茶箱を海に投げ捨てた「ボストン茶会事件」をきっかけに紅茶の文化
は消え去ってしまいました。その紅茶の代用品として飲まれ始めたのが
コーヒーであり、紅茶のように薄くして飲まれるようになったと言われ
ています。

他にも、薄くして飲まれるようになったのには理由がありました。その
理由とはなんと「水質」。実は、アメリカ西部の水質はアルカリ性が強
く、その水で従来のコーヒーを飲むには、刺激が強すぎて胃腸に悪かっ
たのです。ですから、コーヒー豆を浅く煎ることで、アルカリ水とのバ
ランスをとり、飲んでいたわけ。一方で、東部では西部ほどアルカリ性
が強くなかったこともあり、濃い目のコーヒーが飲まれています。

以上のことから、アメリカで薄いコーヒーが飲まれるようになったので
すが、これを流通させるに至ったのは、なんといっても経済的なことで
しょう。コーヒーが飲まれるようになった頃は、まだまだコーヒー豆が
高値だった時代です。そんな高値な豆を合衆国全土に広めるとなると、
考えられるのは「いかに安く済ませるか」ということ。豆の売買は、重
量単位で行われますから、焙煎による重量減りが少ないものの方が都合
がよく、また焙煎後の時間経過による味の劣化が目立ちにくいものを優
先しました。それが、浅煎りだったわけです。

このように、歴史や、土地柄における水質、そして経済的なことから、
アメリカで薄いコーヒーを飲むようになったのです。

関連記事

ページ上部へ戻る