甘いウィンナーコーヒーのホイップは甘くない?

熱いコーヒーに冷たいホイップを乗せたコーヒーと言えば、ウィンナー
コーヒー。名前のとおり、ウィーン風のコーヒーという意味ですが、本
場ウィーンでは「アインシュペンナー」と呼ばれています。そんなウィ
ーンのコーヒーには他にも泡立ったミルクが特徴の「メランジュ」やデ
ミタスミルクの「クライネ・ブラウナー」、ブラックの「シュヴァルツ
ァー」など、様々な定番があるのですが、今回は日本で親しまれている
ウィンナーコーヒーとついて少し書かせて頂きます。

ウィンナーコーヒーは通常、熱いコーヒーに冷たいホイップが乗ってい
て、尚且つ甘いのが特徴です。だからこそ、ホイップ自体を甘くしてる
のかと勘違いしてしまうかもしれませんが、これに使うホイップは無糖
のものがベターです。泡立ちをキープするには無糖のものがいいから、
という理由ですが、何よりコーヒー自体を甘くするのが定番なので、ホ
イップまで甘くする必要が無いのです。

上記にあるように、ウィンナーコーヒーは提供時には既に甘いのが通常
ですから、注文時は甘さの調節加減、もしくは砂糖の有無を付け加える
といいかもしれません。また、自分で作られる場合はカップを温めてお
くといいでしょう。冷たいホイップによる温度低下を多少、防ぐことが
出来ます。アレンジでホイップにブランデーなどの洋酒でアクセントを
入れてみるのもお勧めです。どうぞお試しください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る