ちょっと知っておきたいカフェ・オ・レの豆知識

普段コーヒーを飲まないけれど、カフェ・オ・レなら飲むという人が多
いぐらい、カフェ・オ・レは人気の飲み物ですが、実際の認識度合いと
いったら、「コーヒー+牛乳」というのが現状。今回は、そんなカフェ
・オ・レについて少し書いていきたいと思います。

1.カフェ・オ・レ用の豆って?

コーヒーの種類によって豆の種類も違うのがコーヒーの常識です。では
カフェ・オ・レに向くコーヒー豆とは何でしょう?それは酸味の少ない
もの。酸味が強すぎると牛乳のまろやかさを損なってしまいます。焙煎
度合いは、中~深煎りがベター。更に苦味があると、牛乳とのバランス
が取れて味わい深くなります。ブレンド豆ならイタリアンかフレンチブ
レンドあたり。ストレートならば、ブラジル、ペルー、コロンビアあた
りを中~深煎りにして使うといいでしょう。

2.表面の薄い膜が気になる!

自宅でカフェ・オ・レを作った際、表面に薄い膜が張ってしまった・・
・、という経験をされたことはありませんか?別段、美味しさに直接影
響もありませんし、気にしなければどうってことはないんですが、気に
なってしまう方もいらっしゃると思います。お店で頂くときには膜が張
ってあるなんてことありませんから、尚の事でしょう。

原因は、牛乳に含まれているたんぱく質とコーヒーの油成分が、熱で凝
固するため。ですから、膜を作らないようにするには、牛乳とコーヒー
を合わせたとき、丁寧に撹拌するのがポイントになります。すると、た
んぱく質と油成分が凝固せず、膜を張りません。もしくは、エスプレッ
ソマシンのスチームで牛乳を沸かすというのも有り。コーヒーと合わせ
た後も膜を張ることはありません。ただし、泡が生じるので好みにより
ますね。

3.高い位置から牛乳とコーヒーを合わせた方がいいの?

牛乳の入ったポットとコーヒーの入ったポットを高い位置に持って、カ
ップに注ぐ・・・、そんな光景を何処かで見たことがある人もいるかと
思います。特に、CMなどでイメージ画として使われるケースが多いで
すが、あの混ぜ方に深い意味はありません。

慣れてない人がやれば、たちまち跳ね飛び、悲惨な状況になるでしょう。
この場合の混ぜ方は、「撹拌具合が良いから」、ということではなく、
「余興や演出の類」であり、高いリスクを伴ってまで真似する必要はあ
りません。単純に良く撹拌するだけで大丈夫です。

日本国内ではあまりありませんが、カフェ・オ・レを注文した際、空の
カップに温めた牛乳の入ったポットとコーヒーの入ったポットを添えて
提供するお店もあります。そのように提供された時は、好みのバランス
に合わせて、従来のようにカップに注ぎ、混ぜ合わせてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る