コーヒーに砂糖とクリームが定番になった理由

皆さんは普段、コーヒーをどのように飲まれていますか?コーヒーには
好みによって様々な飲み方がありますよね。ブラックや、カフェオレ、
クリーム多目で砂糖は少なめ等、その人の好みが表れる飲み物です。

では、何故コーヒーに砂糖やクリームを入れて飲むようになったのか、
考えたことはあるでしょうか?

実は歴史的経緯を含めた理由があったのです。

1625年、カイロで初めてコーヒーに砂糖を使われました。動機は単
純に甘みをつける為でした。そして1960年頃、中国在住のオランダ
人大使が当時の風習だった「お茶にミルク」を見習い、初めてミルクを
入れたそうです。

コーヒーの歴史を見れば「初めて入れた」ことは紐解けますが、それが
定番になったことには理由がありました。

それはずばり「喉の為」です。

コーヒーの主要産地といえば、茹だるような暑さや、厳しい天候条件の
中南米諸国。身体を動かせば喉が渇いてしまうのは当然のことでした。
その渇きを癒すために「ブラックコーヒー」を飲んでいた・・・、とい
うことではなく、「砂糖を入れたコーヒー」を飲んでいたのです。

確かに、砂糖を入れたコーヒーは、ブラックコーヒーに比べて喉に優し
いですし、喉に負担は少ないですよね。ブラックコーヒーはどちらかと
言うと苦味が強い分、喉を癒すというより、口の中をリフレッシュして
くれる力の方が強いような気がします。だからこそ「食後にはブラック」
という方も多いのではないでしょうか。

では、クリームはどうでしょう?

ミルクを飲むと喉に膜を張ってくれますよね。ホットミルク等を飲むと
実感しますが、膜を張ることで喉を守ってくれます。

風習や文化の中で「お茶にミルク」を入れるように、コーヒーにもミル
クを入れ始めた訳ですが、苦味のあるコーヒーがまろやかになり、喉に
優しいということを自然と学んだわけです。

入れ始めたきっかけから定番に至るまでの間に、知らず知らずの内、喉
の渇きを癒し、喉を保護する為に定着させていったのですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る