コーヒーに合う砂糖とは何でしょう?

コーヒーを飲むときに入れる砂糖。その砂糖にも色々な種類があります
よね。一般的には上白糖や、グラニュー糖などでしょうか。喫茶店によ
っては、ざらめを置いているところもありますが、大体このあたりの砂
糖を皆さんもお使いかと思います。

一昔前では「角砂糖一つ」と、角砂糖の個数で好みを表現することもあ
りましたが、最近は見かけることがなくなってきました。絶妙な調節に
不向きで、溶けるまでに時間が掛かることから、調整のしやすいスティ
ックシュガーに移行していったのでしょう。

では、コーヒーの風味を損なわず、本来の味わいを楽しむためには、ど
のような砂糖がいいのでしょうか。

それはやはり従来のグラニュー糖がベターで間違いないようです。個性
的な甘みの黒糖や、和食の定番である和三盆では砂糖自体の個性が強す
ぎてコーヒーの風味を邪魔してしまいます。ですから、砂糖自体の主張
が少ないものを選びましょう。

あとは砂糖の量です。一気に入れすぎて失敗した、ということはありま
せんか?そんな失敗を防ぐためには、まずはブラックを飲み、そのコー
ヒーの味を確かめてみましょう。そして少しずつ調整していくのです。
コーヒーの種類によっては、あらかじめ砂糖が入っているものもありま
すので、まずは一口何も入れずに飲んでみてください。

とはいえ、結局は飲む人の好みが1番です。砂糖やコーヒーの種類は豊
富で、組み合わせると新しい発見があるかもしれません。色々試して好
みを追求するのも一つの楽しみ方といえますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る