意外と気づかない、コーヒーカップのちいさな秘密

必ず、というわけではありませんが、一般的なコーヒーカップはティー
カップよりも小ぶりな場合が多いのはご存じでしたか?

紅茶はお茶の水色を楽しむ要素があるため、それを効果的に見せるため
に、口が広く、天地が低いものが使われています。

対するコーヒーの場合は、ティーパーティのように一回でたくさん飲む
機会は少なく、一日の中で何回も場合に分けて飲むことが多いので、ど
ちらかと言うと並のサイズになります。

もちろん、エスプレッソや食後のコーヒーなどに使うデミタスカップの
ように、濃度の高いコーヒー用にとくに小さいカップもあります。

最近、アメリカなどでは自分用のコーヒーカップを持ち歩くスタイルも
流行っています。モーニングカップ、もしくはマグカップくらいのたっ
ぷりした容量の、蓋のできるカップを持って行き、お店でコーヒーを注
いで貰い、好きな所でストローを使って飲んだりもしています。

日本でもこういった、店頭でマイカップにコーヒーを注げるコンビニが
増えてきていますね。このように、コーヒーカップには様々なサイズが
ありますが、いずれにしろカップの内側の色は、やはり白に限ります。

近ごろは、国内のコーヒーカップメーカーも増えてきており、輸入品も
入手しやすくなりました。いろいろなカップを集めるのもコーヒーの楽
しみのひとつと言えるでしょう。

ここでもう一つ、コーヒーのセットの仕方には、大きく分けてイギリス
式とアメリカ式があるのはご存じでしたか?お店によって、カップ、ソ
ーサー、スプーン、ミルクピッチャー、砂糖などを、アメリカ式でセッ
トしているところや、イギリス式でセットしているところもあり、そこ
は好みの問題と言えるでしょう。

両者の大きな違いは、把手の向きにあります。アメリカ式の場合は、カ
ップの把手とスプーンを右方向に揃えてセットしています。右手で把手
を掴んで、何も入れずにそのまますぐ飲めるセットです。

対するイギリス式は、カップの把手を左に向け、スプーンを右方向に向
けてセットしています。左手で把手を掴んで、右手でスプーンを使って
かき混ぜやすいセットです。

スプーンを使い終えたら、カップを180度回転させ、把手を右に回し
て飲む事になります。みなさんも近くのお店で、一度どちらのセットが
使われているか、確認してみるのはいかかでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る