寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるって本当ですか?

眠気覚ましとしてもよく飲用するように、コーヒーにはカフェインが含
まれていることから、眠れなくなるというのは事実。

しかし、カフェインを日常的に摂取していると体にも耐性がつくため、
同じ量を飲んでも効果が薄れていくことがあります。そのため、同じコ
ーヒーを同量飲んだとしても、眠気覚ましとして効くか効かないかは個
人差が生じます。

「夕食後にコーヒーを飲みたいけれど、眠れないと困る」そんな方に大
体の目安をお知らせすると、カフェインは摂取後30分から覚醒効果を
発揮しはじめ、その効果は1時間半から4時間程度は持続すると言われ
ています。

そのため、寝る時間から逆算して飲んで良い時間を決めれば良いでしょ
う。また、早めに飲んでみて、眠気を普通に感じるタイミングをつかん
でいけば、大体何時までならコーヒーを飲んでも睡眠に影響しないかが
分かってきます。

なお、徹夜などでコーヒーをお供に頑張る光景が良くありますが、これ
も飲み過ぎはかえって逆効果になります。コーヒーには利尿作用がある
ため、体から水分が抜けていきます。

そうすると体はだるくなり、眠くなることになります。集中した後の休
憩時間にリラックスするために飲むなど、何事も適度に楽しむというこ
とが大切なようです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る