初めて日本でコーヒーを飲んだのは、いつ、誰?

坂本龍馬?と言われたら納得してしまいそうですが、惜しいことにコー
ヒーの初めてにまつわる記録は残っていません。坂本竜馬の時代よりも
はるか前、おそらく、長崎の出島で働いていた通訳か役人、もしくは遊
女が日本で最初にコーヒーを飲んだのではないかと予想されています。

文献としては、太田蜀山人が砂糖入りコーヒーに対しての評価を残して
いますが、どうやら口に合わなかったようでした。この人は1749年
の生まれということですから、当時は貴重で一般人は目にすることもな
い飲料であったことでしょう。

また、意外なことに、昭和初期に南紀の遠洋漁業の漁師達は、漁に出か
ける前に淹れたてのコーヒーを飲む習慣があったということが分かって
います。何とも面白い組み合わせです。

庶民の間で飲まれるようになったのは、ほんの50年、60年ほどの話
で、第二次世界大戦後になります。当時はハイカラと称されていた洋装
の紳士も増えつつあり、次第に日本全体に広まって行きました。

一方、世界ではどうであったかというと、諸説があふれていて、事実が
不明なため伝説の類とされている話が多いようです。

文字で一番古い記録では、900年ごろにアラビア人医師のラーゼスが
薬として患者に与えていたことが残っており、貴重な臨床記録であると
言われています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る