フランスのコーヒーなど、国によって日本人に合わないというのは本当?

海外旅行での楽しみと言えば、異国の食事がその一つに挙げられます。

フランスでは料理を一通り振舞った後、最後にコーヒーが出されること
が多いもの。コーヒーのカフェインには胃酸を分泌させる働きがあるた
め、消化を促進させる狙いがあるようです。

しかしフランスのコーヒーが日本人に合わないと考えられる理由が二点
あります。一点目はエスプレッソで淹れることが多いこと。濃いエスプ
レッソでの飲用は、最近増えてきたとはいえ、日本では飲み慣れていな
い人もまだまだいます。

二点目は、使用している豆の種類の違いです。

コーヒー豆にはいくつか種類があり、日本人が良く飲んでいるのはアラ
ビカ種ですが、フランスではロブスタ種が一般的です。ロブスタ種はブ
レンドコーヒーなどにも入っていますが、個性が非常に強く、独特の風
味と強烈な苦味を持っています。

そのために、ブレンドコーヒーに三割も入れるとロブスタ種の味しかし
ないほどと言われています。一方アラビカ種は高級品のため、フランス
ではあまり使われていないそうです。

コーヒーの前までは美味なフレンチを楽しんでいたのに、最後に口に合
わないコーヒーが出たらがっかりしてしまいます。そういった心理的な
影響も大きいのかも知れません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る