コーヒーで胸焼けなど個人差があるのはなぜですか?

人によっては、同じコーヒーを飲んでも美味しいと感じる人と、飲んだ
後に胃痛や胸焼け、気分が悪くなる人もいます。これはなぜなのでしょ
うか?原因は二つあります。

一つがカフェイン。次が飲んだ人の体の状態。カフェインは胃の粘膜を
刺激する作用があり、このことで胃酸が活発に分泌されます。コーヒー
を食後に楽しむというのも、消化を促進するという面があるのはこのた
めです。

カフェインの作用は以上ですが、ここに飲んだ人の体の状態が大いに関
係してきます。健康な人であれば胃酸の分泌は歓迎されるものですが、
胃の状態が悪い人においては、胃酸が多いと気分が悪くなったり、胸焼
けを起こします。ある意味では、飲む人の健康のバロメーターとも言え
るでしょう。

しかし、生まれつきコーヒー自体が体に合わないという人も居ます。そ
ういう方は健康に問題があるということにはなりません。

また、コーヒーは鮮度が大事な飲み物で、焙煎後1~2週間で飲みきる
のが良いとされています。これを大幅に超過してしまった場合、コーヒ
ーが酸化しているので味も悪く、胸焼けなどを起こすこともあります。

コーヒー嫌いになる原因として、この古くなったコーヒーの味の悪さと、
飲んだ後の気分がすぐれない感覚を経験してしまうことがよくあるよう
です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る