コーヒーのパッケージは進化している!!

すぐに移し替えることを前提とした包装では、コーヒーの香りが漏れる
ものもあります。このようにガスバリア性が低い、成分が透過しやすい
包材では、外部からの酸素や水分そして匂いからコーヒーを守ることは
できません。

長期保存を考えるのであれば、ガスバリア性の高い包材を選ぶ必要があ
ります。コーヒーの包材として、従来は缶などが用いられてきました。
しかし近年、フレキシブルパッケージング(軟包装)への移行が急速に
進んでいます。

それに伴って、さまざまな性質を持ったフィルムを貼りあわせてつくっ
た、優れた特性を持つ包材が出回るようになってきました。

包材用のフィルムの一般的な構造は、一番外側に強度の高いポリエステ
ル(PET)やナイロンなどが使用されています。一番内側には熱で簡
単に溶けてシールドしやすいポリエチレン(PE)やポリプロピレンな
どが使用されています。

ポリエチレンは通気性・防湿性が高く熱に弱い低密度ポリエチレンと、
防湿性が良く、熱に強い高密度ポリエチレンがあります。

ポリプロピレンは防湿性は優れていますが柔軟性が無く、衝撃に弱いと
いう欠点があります。

そして中間層として、アルミ箔やアルミ蒸着ポリエステル、エチレン・
ビニルアルコール共重合体など、バリア性の高いフィルムを挟んでいま
す。

ポリエステルは耐熱性が高く、香りの保存にも優れています。しかしガ
ス遮断性や防湿性はそれほど高くありません。

アルミニウム箔はガスも水蒸気も通さないため、一番外と内のフィルム
の間に使われます。防湿性、遮光性に優れています。

各層のフィルムはドライラミネートという方法で貼り合わせることが多
く、インクや接着剤の残留溶剤が異臭となることがあります。また形状
によっては密封しにくいこともあるため、フィルムの選択やシール作業
ともに十分な注意が必要です。包材のロット(製造番号)を変更する際
も同様に注意が必要。

また近年の傾向として、ダイオキシン発生のおそれのある塩化ビニルな
どの塩素系ポリマーが使われなくなりました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る