敵にも味方にもなるトリックスター?はまり過ぎにご注意!

コーヒーをよく飲む人にとって気になる存在がカフェインです。体質に
合わないのでコーヒーが飲めないという人がいるいっぽうで、カフェイ
ンを摂取するために意識的に飲む、という方も多いはずです。

外国では古くから、コーヒーをよく飲む人は長生きをするとも言われて
きました。近年ではポリフェノールががんや糖尿病などの予防に効果が
あるとされ、注目を集めています。

コーヒーのダイエット効果もたびたび話題になります。運動をする30
分前に飲むとより脂肪が燃焼されるとか、食後に飲むだけでも効果があ
るとか。こちらはカフェインが持つ作用のようです。

ポリフェノールは体に有益だとしても、カフェインは少し事情が違いま
す。状況によってヒーローにも悪者にもなるというべきでしょうか。

朝目覚めたばかりの頭をしゃっきりさせるために飲むのが習慣、という
方も多いでしょう。仕事中の気分転換に飲むものとしても定番です。缶
コーヒーの宣伝、特に無糖や微糖コーヒーでは、忙しいビジネスマンを
ターゲットにしている印象があります。

カフェインは頭を冴えさせてくれます。同時に、摂り過ぎると健康に害
があるらしい、ということを皆さんご承知かと思います。

カフェイン中毒というのがあります。これにはアルコールと同じように
急性中毒と慢性中毒があります。急性中毒は一度に大量に摂取すること
で起きる症状で、動悸や手足のしびれ、恐怖感に襲われるなどの変調を
きたします。慢性中毒になると、摂取してもしなくても、体や精神に不
具合が生じます。

どれほど摂取すれば悪影響になるのでしょうか?

個人差が大きいために、一概には言えません。ただし、一度に5杯も6
杯も飲むのはよくありません。「眠気覚ましに」あるいは「ダイエット
になるから」「がん予防になるから」と、必要以上に飲むのはやめまし
ょう。あくまでも嗜好品として楽しめる範囲内が適量。

カフェインが入っているのはコーヒーだけではありません。緑茶や紅茶
もカフェインが多い飲み物として知られています。

抽出液120ccに含まれるカフェインの量で比較すると、コーヒーが
60から100mg、紅茶が30mg、煎茶が20mg程度となるそう
です。

もちろん、一口にコーヒーと言ってもすべてが同じではありません。エ
スプレッソであれば、30ccで同じだけのカフェインが含まれるそう
です。

また、イメージと反対かもしれませんが、深煎りより浅煎りの方がカフ
ェイン含有量は多くなるそうです。くれぐれも飲みすぎにはご注意くだ
さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る