コーヒーのかぐわしい香りをつくるのは火の洗礼

コーヒーには味と香りといった大きな2つの魅力があります。特に新鮮」
なコーヒーをドリップしたときなど、思わず「良い匂い」と言わずには
いられない魅力が香りにはあります。

コーヒーの生豆には多くの香気成分が含まれています。その数200種
類ほどと言われており、焙煎されることによってその数がさらに増えま
す。報告されているものだけでも700種類。その成分は味に関係する
ものと比べていずれも微量ですが、影響としては小さくありません。

焙煎後にはかぐわしい香りとなるコーヒーですが、生豆の状態ではそれ
ほど良い香りではありません。焙煎時に起きる豆の変化の一つがメイラ
ード反応。このメイラード反応によって独特な色や香りが生まれます。

メイラード反応がもたらす独特な香りの例として、味噌やしょうゆ、あ
るいは焼いた肉やパンが挙げられます。コーヒーの香りもそのうちの一
つです。

コーヒーにはいろいろなアミノ酸が含まれています。その組成は原料と
なる豆の種(しゅ)や栽培条件、精選時の加工方法などによって変わっ
てきます。アミノ酸の組成や加熱条件によって、どのような香りがどの
程度つくられるかが決まります。

したがって選ぶ生豆によって香りは変わってきますし、同じ豆を使って
も加熱の仕方や焙煎具合で香りは違うものになります。

焙煎時に起きる別の反応がカラメル化です。カラメル化とは、コーヒー
に含まれる少糖類が焙煎されることで起きる現象です。カラメル化が起
きると揮発性の酸の香りや甘い香りが漂います。

その他の物質が加熱されることによっても香りはつくられます。あのか
ぐわしい香りは複雑な化学反応の結果と言えるでしょう。焙煎によって
生じた香気成分はまた、焙煎度によって変化します。

変化のタイプには大きく分けて3種類あります。あまり変化しない、あ
る程度まで増えた後減少する、焙煎するほど増える、の3つです。この
うちの2番目、ある程度まで増えたあと減少するタイプの香りに、私た
ちが心地よいと感じる成分が多く含まれています。

3つのタイプの香気成分の総量や割合は焙煎度によって変化します。焙
煎度によって香りの質や強さが変化するのはこのためです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る