コーヒーの輸送は飛行機?それとも船?

生豆の輸送は、船便がほとんどです。

コーヒーの生豆は生産国もしくはその近隣国でコンテナに詰められ、輸
出されます。

コーヒーは数十キロ程度に小分けして容器に詰め、それをコンテナに詰
め込んでいくのですが、コンテナそのものと同じ程度の大きさの袋が使
われることもあります。

コーヒーを小分けする容器には、さまざまなものがあります。

一般的には、麻やサイザル麻(麻の仲間ではありません)で編んだ、い
わゆる麻袋(またい)が使用されます。

250袋くらいを一つのコンテナに詰めます。

一つの袋の容量は45キロ(ハワイ)、60キロ(ブラジルなど)、
69キロ(中米)、70キロ(コロンビア)など、国によります。

コーヒー生産国を訪れると、細身の男性が重い麻袋を軽々と担いで、コ
ンテナに詰め込む様子を見ることができます。たいへんな重労働ですが、
労働の対価はごくわずかであるのが現状。

特殊なものとしては、ジャマイカのブルーマウンテンのように、樽に詰
めることがあり、インドネシアやイエメンなどでは、かごに詰めること
もあります。

最近では日本の自家焙煎店などで使いやすい、10~15キロ程度の小
さな麻袋が使用されることも増えてきました。たまに、この麻袋をその
ままお店のインテリアに使っているのを見かけることがあります。

コンテナには二種類あり、空調の機能のないドライコンテナと、空調付
きのリーファーコンテナとがあります。

主に使われるのはドライコンテナですが、これは生豆の品質管理上、あ
まりよい環境ではありません。生産地特有の、湿気の多い暖かい空気を
詰め込んだコンテナは、密閉されてから船積みされて、一ヵ月ほどかけ
て日本に運ばれてきます。

その間には毎日の温度変化と湿度変化もありますし、日本に近づくにつ
れ空気の温度が下がるわけですから、コンテナの中に結露が起こること
もあります。

そこで最近では、温度・湿度の変化が少ない、リーファーコンテナの利
用も増えてきました。コンテナ自体の値段も高いし、詰める袋数も減る
ために、コストとしては割高にはなりますが、生豆の品質の保持には有
効。

コンテナ中の温度・湿度変化と輸送による品質の変化を比較してみると、
やはりリーファーコンテナの方が品質を保つには優れているため、高品
質の、高値で取引されるコーヒーでは、コストアップ以上の効果が期待
できるのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る