コーヒー市場ってニュースで言ってるのは、株式市場みたいなもの?

株や金だけでなく、大豆やとうもろこしなどの穀物にも市場があり、需
要と供給、そのほかのいろいろな条件によって価格が上下します。

コーヒーにも市場があり、やはりこれもいろいろな条件で価格が変動す
ることになります。

もし豊作が見込まれたら、価格は下がります。

天候不順による減産が見込まれたら、価格は上がります。

投機目的で、需給バランスと関係なしに変動することもあります。

アラビカ種はニューヨークの定期市場での価格、カネフォラ種はロンド
ンの定期市場での価格が、世界のコーヒーの取引の基本になります。

2000年代はじめは、コーヒーは供給過多になり、価格は低迷してい
ました。どんな豆を使っても採算が合ったので、コスト計算もせず、毎
日のコーヒーを楽しんでいた経営者も多かったようです。

コーヒー価格の低迷がもたらした影響が出始めたのは、数年後で、採算
が取れなくなったために放棄されて、荒廃したコーヒー農園が増え、学
校に行けなくなった子供たちも出てきたのです。

コーヒー生産量の多い国の都合や、投機筋の動向だけでコーヒーの価格
が決められてしまい、その価格があまりにも低いと、コーヒーを生産す
る人たちは、生産コストをまかなうだけの収入を得られなくなってしま
います。

コーヒー価格の低迷が、コーヒーの世界を底辺で支えている各地のコー
ヒー生産農家に、いかに深刻なダメージを与えるか、世界中のコーヒー
に関わる人達が気付きました。

そしてコーヒー価格の上下でダメージを受けるのは、コーヒーの生産農
家だけではありません。

その後、コーヒーが供給不足となり、価格が上昇に転じました。コーヒ
ーの原料価格は以前の三倍になり、今まではそれ程価格を気にしなくて
もよかったコーヒーに関わる人達に、コスト計算の必要性が生じました。

それでも、原料価格を低くしてカバーできればいい方で、売れば売るほ
ど赤字が膨らむ経営者も出てきました。

さらに、それまで安く買い叩かれていたために、豆の品質が下がってい
ました。品質のよいコーヒーをつくっても、高く買ってもらうことが出
来ない時期が長く続くと、販売価格を維持するために、そういうことも
起きるのです。

コーヒーの価格は変動するものです。

コーヒーを買い取る側、消費する側が、安いコーヒーばかりを求めすぎ
ると、コーヒーの風味まで変動してしまうことがあるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る