深煎りはカフェインが少なくて身体に良いって、ホント?

カフェインはコーヒーを代表する成分だといえるかもしれません。

コーヒーにカフェインが含まれていなかったら、コーヒーならではの性
質がなくなるわけですから、コーヒーは今ほどポピュラーな飲み物にな
っていなかったかもしれません。

薬理作用はコーヒーの大きな魅力の一つ。

「カフェイン」という名称は、1820年頃にドイツの化学者ルンゲが
コーヒー豆から取り出すことに成功したことを起源としています。
数年後にはお茶から取り出された同じ物質がお茶由来であることから
「テイン」と名づけられ、その後「カフェイン」に統一されます。

余談ですが、ルンゲにコーヒーの研究を勧めたのは、文豪、科学者、そ
してコーヒー愛好家だったゲーテである、という逸話があります。

ゲーテ詩集などの作品を味わったことはないという人でも、ゲーテが友
人に研究するよう推奨したコーヒーなら、味わったことがあるという人
が多いのではないでしょうか。

ところで、カフェインは熱に強い成分ですが、焙煎時の熱で一部気化し
てしまいます。

この、焙煎中にカフェインが減ることを根拠に「深煎りの方がカフェイ
ンが少なくてヘルシー」といわれることがありますが、これは二重の誤
解を含んでいます。

一つめの誤解は、「深煎りにするとカフェインが少なくなる」という事。

確かに焙煎によってカフェインは減少するのですが、豆の重量も同じよ
うに減少しています。豆の重量が15%目減りしている時には、カフェ
インも15%目減りしているのです。

豆とカフェインの両者は同じように減るわけですから、深く煎ろうが浅
く煎ろうが、カフェインの含有率はほぼ変わりません。

二つめの誤解は、「カフェインが少ないとヘルシーである」という事。

確かに、不眠のとき、胃が荒れているときなど、体調や状況によっては
摂取を控えた方がいい場合もありますが、カフェインにはさまざまな薬
理作用があるものですから、適量さえ気をつければ、疲労回復など、身
体に好ましい影響を与えます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る