コーヒーを世界一たくさん飲んでいるのは、どこの国?

2007年度のICO(国際コーヒー機関)の統計では、コーヒーの輸
入量が一番多い国はアメリカ、二位はドイツ、三位が日本。

一人あたりが飲む量で換算すると、フィンランド、ノルウェー、ベルギ
ー、ルクセンブルク、デンマークなどが上位にきて、日本はフィンラン
ドの四分の一程度で、トップ10にも入りません。

日本人が飲むコーヒーは、一人あたり、一日一杯くらい。

でも、日本のコーヒーの消費量は徐々に伸び続けていますから、日本は
コーヒーのマーケットとして成長する余地が充分にある、といえるかも
しれません。

ところで、コーヒーの飲み方は一つではありません。

世界各国に、日本では知られていない、さまざまな飲み方があります。

コーヒーの発祥の地はエチオピアなのですが、その国には「コーヒーセ
レモニー」と呼ばれる、日本の茶道と同じような、伝統的で文化的な習
慣があります。

北欧などには、コーヒーを煮出して上澄みだけ飲む方法もあります。

それに、コーヒーを飲むといっても、使われるのがコーヒーの豆だけと
は限りません。

イエメンやエチオピアで、コーヒーの果肉を乾燥させて、煎じて飲む
ことがあります。

コーヒーの葉を煎じて、お茶として飲むこともあります。

飲用にはもっぱらコーヒー豆を使う日本では想像しにくい飲み方かもし
れませんが、私たちが普段やっている飲み方とはまた違った、別のおい
しさがあるようです。

日本のコーヒーは家庭で飲まれることが多いので、飲み方の主流として
はドリップということになるでしょう。

家族のために、心をこめてドリップするコーヒーは、理想の飲み方のひ
とつだと思いますが、外で飲むコーヒー、70年代の喫茶店ブームも懐
かしいものです。

70年代には、喫茶店は不良の溜まり場とみなされていました。未成年
者だけで喫茶店に行くと補導されたもの。ギターを持っているだけで不
良と言われたのと、同じ頃のことです。

つまり、逆に言えば、喫茶店はギターと同じように当時の最新流行であ
り、若者の憧れの的だったのです。

現在の喫茶店の数は、70年代のブーム当時の半分くらい。その頃をご
存じない方には、当時の雰囲気をお伝えすることは難しいのですが、出
来れば味わっていただきたい雰囲気でもあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る