コーヒー豆って、枝豆みたいなもの?

コーヒーの豆は「コーヒーチェリー」と呼ばれる果実の中に入っていま
す。さくらんぼの中に、種がはいっているようなものです。

「コーヒーチェリー」は、コーヒーノキと呼ばれる大きな常緑樹に実る
果実です。

実がなる前に咲く花は、小さく白く可愛らしいもので、ジャスミンに似
た香りがします。花が咲いてから果実である「コーヒーチェリー」が熟
するまでに、9ヵ月かかります。

「コーヒーチェリー」が熟してから収穫して、果肉をむき取り中の豆を
取り出します。品質別に分けて、異物を取り除きます。

豆を収穫し、品質別に分け、異物を取り除いて仕上げるまでの工程を、
「精選」と呼ぶのですが、この「精選」で生豆ができあがるのです。

生豆を取り出すには、大きく分けて四つの方法があります。

主流になっているのは、非水洗式または乾燥式と呼ばれる、古くから行
われている方法。

非水洗式で処理された生豆は、「ナチュラルコーヒー」とか、「アンウ
ォッシュドコーヒー」などと呼ばれます。

水洗式と呼ばれる方法もあります。インドで発明されたといわれている
方法。

他にもパルプドナチュラルと呼ばれる、ブラジルで開発された新しい方
法や、スマトラ式と呼ばれる方法があります。スマトラ式で処理された
生豆は外観だけでわかります。

こうして取り出した生豆は、選別にかけられます。

第一段階で石抜きを行います。石と豆の比重差を利用して、石を取り除
くのです。

石は作業中に意図せず混入することもありますし、売買は重量で行われ
るため、少しでも重く見せようと、わざと石が混ぜ込まれることもある
そうです。

第二段階は、豆を専用の機械にかけて、風力による選別を行います。豆
を上から投入して落下させ、そこに下から風をあてることにより、軽い
豆や軽い異物を取り除きます。

第三段階はスクリーン選別(サイズによる選別)です。

生産国にはそれぞれ独白のサイズの規格があります。

第四段階は比重選別です。第三段階で分けられたサイズごとに処理され、
高品質なのは比重の大きいもので、それを選び出すのです。

最後の段階は、色による選別です。

機械を使うことも、目視によることもあります。色のおかしいものが取
り除かれます。

生豆はこのように仕上げられて、船積みされて、コーヒー消費国へと運
ばれていくのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る